バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の抽選結果にコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

バイエルンはインテル、バルセロナと同居する“死の組”グループCに入ったが、無傷の6連勝で首位通過。7日のドローではグループを通過したグループHをベンフィカに次ぐ2位で突破したパリ・サンジェルマン(PSG)との対戦が決まった。

2019−20シーズンのCL決勝カード再現となり、翌シーズンの準々決勝でも激突した両者。ナーゲルスマン監督は決意を口にした。

「手強い相手だが、グループステージにもそういう相手がいた。グループステージでパーフェクトだったからって、本当に報われたというわけではないね。ただ、それはパリも同様で、我々との対戦を喜んではいないだろう。まだ先の話で、ワールドカップもあって、その前にも試合がある。ワールドクラスな選手を多数擁する難敵だが、我々もそう。CLならではだ」