インテルのシモーネ・インザーギ監督が、大勝に満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。

先週末のユベントスとのイタリア・ダービーで痛恨の黒星を喫したインテル。9日に行われたセリエA第14節では、現在公式戦4連勝中のボローニャと対戦した。

22分に失点を許し不穏な雰囲気に包まれたが、すぐさまFWエディン・ジェコのゴールで追いつくと、36分にDFフェデリコ・ディマルコがFKを直接決めて逆転に成功。その後、順調に得点を重ねたインテルは、FWラウタロ・マルティネスやMFハカン・チャルハノール、MFロビン・ゴセンスにもゴールが生まれ、終わってみれば6-1の大勝となった。

試合後、S・インザーギ監督はダービーでの敗戦から上手く立ち直った選手たちを称賛。ユベントス戦の敗北は痛恨だったと認めつつも、チームは前を向いていると強調した。

「我々はサン・シーロで重要な走りができたと思う。相手は4連勝中と好調なチームだったからね。失点の後も、良いリアクションで試合に臨めたと思う。ここ6試合で5勝…トリノでの試合には残念ながら敗れたが、首位のナポリ以外で考えればリーグでもそれなりの成績を残せている」

「我々はホームでもアウェイでも、今夜のようなプレーを続けなければならない。ユベントスにノックアウトされた後、私は試合に満足していなかった。それでも、トリノでの大敗からの3日間で、選手たちが意欲的に働いているのを見られたんだ。彼らはとても集中していて、修正するだろうという確信があった」

「自分たちの進むべき道を見つめる必要がある。ユベントス戦後、プレッシャーはあったか? ここでは常にプレッシャーがあるものだ。経営陣とはとても良い関係で、いつもお互いに話し合っているよ。常に透明性の高い経営陣がいてくれて満足だ。彼らは率直で、何かを伝える必要があるならはっきり伝えてくれる」