なでしこジャパンがスペイン遠征での合宿を始動させている。

サッカー日本女子代表・なでしこジャパンは11日にイングランド女子代表、15日にスペイン女子代表とスペイン国内で対戦する。

10月に行われた日本国内でのゲームでは3バックにトライするなど、オーストラリア&ニュージーランドワールドカップ(W杯)に向け、着々と引き出しを増やしている池田太監督。

徐々に戦術の浸透してきたチームが、欧州女王のイングランドや育成年代2冠のスペインといったFIFAランキング上位の国々と、どこまで渡り合えるのかに注目が集まっている。

なでしこジャパンは8日から活動を開始した。初日は疲労を考慮しての調整メニューだったが、翌日には2部練習を実施。密度の濃い時間を過ごしている。

10日には南萌華(ローマ)が自身のインスタグラムで様子を公開。「スペインで代表合宿スタートしてます。素晴らしい環境と、過ごしやすい気候に感謝して頑張ります」と意気込みを綴り、メンバーとの写真も投稿。

2018年のU-20女子ワールドカップ(W杯)優勝メンバー宝田沙織(リンシェーピングFC)、林穂之香(ウェストハム)、遠藤純(エンジェル・シティFC)との4ショットや、長野風花(ノースカロライナ・カレッジ)との2ショットを公開した。

日本のファンから「カッコいいです!」、「噂のサイドバックか!」との歓声がもたらされたのはもちろん、「生中継で観るのが楽しみです」、「モエ、ローマはあなたを愛しています」と、海外からと思われるコメントも届いている。