今冬のバルセロナ移籍が取り沙汰されるアスレティック・ビルバオのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)が自身の去就に言及した。

今シーズン限りでアスレティックとの契約が終了するマルティネスに関しては、来夏のバルセロナ移籍が既定路線と見られる。しかし、バルセロナはセンターバック陣に多くの負傷者を抱えている上、元スペイン代表DFジェラール・ピケが現役を引退したことで、補強の必要性が高くなっている。

そのため、クラブは今冬のタイミングで移籍金を支払い、左利きDFの獲得に動くのではないかとの報道も出ている。

そして、渦中の31歳はスペイン『オンダ・バスカ』で自身の去就に言及している。

「今は(去就の噂に)少し疲れているけど、それはよくあることだ」

「僕の将来ははっきりしていないけど、契約延長について話す機会や場所ではないよ。現状集中力を失うことはないし、常にアスレティックのために最善を尽くしているよ」

「僕らはシーズン終了まで契約を結んでいる。そして、僕自身アスレティックのために戦い続ける。ここで幸せだ。毎日笑顔でビルバオで楽しんでいる。愛されていると感じているんだ」

先日のアスレティック会長のコメントや今回のマルティネスのコメントを聞く限り、現状では今季終了までの残留の可能性が高いと思われる。