メガクラブが注目するパウメイラスのU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)は、移籍先の候補のひとつであるパリ・サンジェルマン(PSG)に好印象を抱いているようだ。

ブラジル屈指の名門、パウメイラスに所属し、U-17ブラジル代表としてもプレーするエンドリック。173cmのレフティーは、爆発的なスピードと、ペレやロナウジーニョ、ネイマールら偉大なる先達を想起させる創造性、超絶技巧を兼備したメガクラック候補だ。

先日にはクラブ記録を106年ぶりに更新する16歳と3カ月4日での最年少ゴール記録を更新し、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制したチームで6試合3ゴール1アシストの数字を残している。

すでにレアル・マドリーやチェルシー、バルセロナといったメガクラブが獲得に関心を示す16歳逸材は、フランス『So Foot』で移籍先候補に挙がるPSGに言及。同胞の先達やFWリオネル・メッシ、FWキリアン・ムバッペといったワールドクラスの選手からインスピレーションを受けていることを明かした。

「ネイマールは大好きなプレーヤーさ。だから、PSGを見るのが好きなんだ」

「キリアン・ムバッペはとても強く、マルキーニョスとリオネル・メッシはどちらもワールドクラスのプレーヤーだ。彼らからインスピレーションを得られるから、PSGの試合を見るのが好きなんだ」

先日のプロ契約によって6000万ユーロ(約86億5000万円)の契約解除金が設定されたエンドリックだが、18歳になるまで国際移籍ができないため少なくとも2024年まではパウメイラスに残留する。

そのころには前述のコメントの主力の多くはクラブを去っている可能性は高いが、同選手がパリの巨人の新たなアイコンとなるのか…。