セルティックは12日、スコティッシュ・プレミアシップ第16節でロス・カウンティと対戦し2-1で勝利した。

ミッドウィークに行われたマザーウェル戦を古橋亨梧と前田大然のゴールで勝利した首位セルティックが、10位ロス・カウンティをホームに迎えた一戦。古橋と前田、旗手怜央が先発した中、井手口陽介はベンチ外となった。

立ち上がりから主導権を握るセルティックは12分、ハクシャバノビッチの左クロスを古橋がバックヘッドで合わせたが、これはわずかに枠の上。さらに23分にも、オライリーのパスに反応した古橋がボックス内まで持ち込み右足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。

ゴールレスで迎えた後半、セルティックは早い時間に失点する。50分、ボックス右ライン際でボールを奪い合った際に浮き球がオライリーの左手に当たると、VARの末にハンドと判定され、PKを献上。これをカンコラにゴール右隅へ決められた。

先制を許したセルティックはすぐに反撃。すると62分、ペナルティアーク左でパス受けた旗手が斜めに切り込みゴール前の折り返すと、これを受けたターンブルがゴールに流し込んだ。

さらにセルティックは68分にも、旗手とのパス交換でボックス中央に切り込んだハクシャバノビッチがゴール右隅にコントロールショットを流し込んだ。

直後の69分に古橋と前田を下げたセルティックは、その後も危なげない試合運びでロス・カウンティに決定機を作らせず。2-1で逆転勝利した。

セルティック 2-1 ロス・カウンティ
【セルティック】
ターンブル(後17)
ハクシャバノビッチ(後23)
【ロス・カウンティ】
カンコラ(後5[PK])