セリエA第15節、ローマvsトリノが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

ローマは前節、サッスオーロ相手に1-1のドローに終わってデルビー敗戦からのバウンスバックに失敗。順位を7位まで落としている。リーグ3試合ぶりの白星を狙うカタール・ワールドカップ中断前のラストゲームでは9位のトリノをホームで迎え撃った。

モウリーニョ監督は前節からショムロドフに代えてエイブラハムを復帰させた以外、同じスタメンを採用。ただ、負傷明けのディバラとペッレグリーニが古巣初対戦のベロッティと共にベンチ入り。なお、個人名は言及されなかったものの、サッスオーロ戦でのパフォーマンスが“裏切り”と酷評されたとされる渦中のカルスドルプはベンチ外となった。

2022年ラストゲームということもあり、オリンピコに大挙したホームサポーターが試合前から良い雰囲気を作り出したが、立ち上がりはトリノの勢いを受ける形となったローマ。

共に[3-4-2-1]を採用してマッチアップが明確となった中、人への意識が強いアウェイチームの圧力に手を焼くホームチームは、試合序盤にヴラシッチ、サナブリアにボックス内で続けて際どいフィニッシュを許す。

以降もビルドアップの局面で苦戦が続く中、エイブラハム、ザニオーロをスペースに走らせる形のロングボールでプレス回避を試みつつ、カウンターからチャンスを窺う。19分にはマディ・カマラの見事なインターセプトからエイブラハムのスルーパスに抜け出したザニオーロに決定機。だが、ボックス左で放った左足シュートは枠を捉え切れない。

ロングボール多用による弊害によって間延びした中盤で前向きな相手に縦への仕掛け、ミドルシュートを許す悪癖が出始めるが、守備陣の身体を張ったプレーでピンチを凌ぐと、24分にはザニオーロの右CKがリッチの手に当たってPKを獲得。だが、オンフィールド・レビューの結果、判定が覆った。

前半半ばから終盤にかけてもイーブンな状況が続く。徐々にザニオーロの個人技で局面を打開し始めるジャッロロッシだが、流れの中では決定機には至らず。37分にはザレフスキの左CKの場面でGKミリンコビッチ=サビッチの不用意な飛び出しもあり、ニアで競り勝ったマンチーニのヘディングシュートでゴールに迫るも、わずかに枠の右へ外れた。

ビルドアップ、アタッキングサードでの精度に問題を抱える形で試合を折り返したローマ。モウリーニョ監督は前半にボールロストが目立ったヴォルパートを諦め、エル・シャーラウィをハーフタイム明けに投入した。

後半に入ってボール回しにリズムが出始めたホームチームは、49分に相手と入れ替わったエイブラハムがボックス右に侵入し中央へ短く折り返す。これをエル・シャーラウィがダイレクトで狙うが、相手DFのブロックに遭う。

後半はまずまずの入りを見せたローマだったが、一瞬の隙から先制点を奪われる。55分、左サイドのラザロに長い距離を持ち上がられて中央から右への展開を許すと、ボックス手前右でシンゴが上げた正確なクロスをゴール前にタイミング良く飛び込んできたリネティにヘディングで左隅へ流し込まれた。

すぐさま反発力を示したいホームチーム。しかし、相手にボールを握られて押し込まれる場面が多く、なかなか攻撃に出られない。これを受け、70分にはエイブラハムとザレフスキを下げてベロッティとディバラ、クリスタンテに代えてこれがトップチームデビューとなる19歳MFタヒロビッチを一気に投入した。

この交代をキッカケに攻撃のギアを上げると、72分にはディバラ、78分にはエル・シャーラウィと細かい崩しからボックス内で続けて決定的なシュートを放った。

だが、早い時間帯の同点ゴールを逃して試合は終盤に突入。前半のPK取り消しの判定を含め、球際でのデュエルに関して偏った判定が続いたことでディバラやピッチ上の選手たちがフラストレーションを溜めていた中、89分にはピッチサイドのモウリーニョ監督の堪忍袋の緒が切れて激高。主審への攻撃的な発言で退席処分に。

すると、指揮官の退場にオリンピコの熱狂的な後押しで最後のパワーを出したローマは5分が加えられた後半アディショナルタイムに大きなドラマを生む。

91分、ボックス内でDFジジのファウルを誘ったディバラがPKを獲得。ここでキッカーを務めたのはディバラではなくトロの元カピターノのベロッティ。ローマ加入後リーグ戦ではノーゴールが続いた28歳は古巣への恩返し弾を狙うが、左を狙ったシュートはポストを叩いて痛恨の失敗に。

これで万事休すかに思われたが、もう一人の新戦力の初ゴールがチームと共に失意の“ガッロ”を救った。94分、ボックス手前右からカットインしたディバラの左足シュートはクロスバーを叩くも、エリア外でこぼれ球に反応したマティッチが渾身の左足ダイレクトシュート。地を這う鋭いグラウンダーのシュートがゴールネットに突き刺さり、土壇場での同点ゴールとなった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、3試合ぶりの白星を逃したローマだったが、マティッチの初ゴールによって辛くも勝ち点1を手にした。