プレミアリーグ第16節、フルアムvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのユナイテッドが1-2で勝利した。

5位のユナイテッドは前節、アストン・ビラに1-3のスコアで完敗。公式戦無敗が10試合でストップした。だが、直近のEFLカップではそのビラに苦戦を強いられながらも4-2の逆転勝利を飾り、しっかりとリバウンドメンタリティを示した。

9位のフルアムのホームに乗り込んだカタール・ワールドカップ中断前のラストゲームではEFLカップで温存したカゼミロやエリクセン、ショーを復帰させ、累積警告で出場停止のダロト不在の右サイドバックには本職左のマラシアを起用。クリスティアーノ・ロナウドやサンチョは体調不良で引き続き欠場した。

互いに集中した入りを見せた中、開始5分にはウィリアンのお膳立てからカルロス・ヴィニシウスが両チームを通じて最初のシュートを放つが、これはGKデ・ヘアの足を使った見事なセーブに遭う。

一方、ユナイテッドも9分には背後へ抜け出したラッシュフォードとの連携からボックス中央のマルシャルに決定機も、ここは相手DFの寄せもあってうまくミートし切れず。GKレノにかき出される。

互いに一度ずつシュートシーンを作り合った中、先手を奪ったのはアウェイのユナイテッド。14分、中盤で持ち上がったケアニーをカゼミロが潰してカウンターを発動。エリクセン、マルシャル、ブルーノ・フェルナンデスと繋いでボックス左からポルトガル代表MFが入れたグラウンダーのクロスがDFにディフレクトしてファーに流れると、飛び込んだエリクセンがスライディングシュートで押し込んだ。

エリクセンの加入後初ゴールで早々に均衡が破れた試合はここからオープンな展開に。

ウィリアンを起点にチャンスを窺うホームチームは28分、ハリー・ウィルソンが強烈な左足のミドルシュートを枠に飛ばす。直後の30分にはボックス中央に抜け出したマルシャルがシュートに持ち込むが、いずれの決定機もデ・ヘア、レノと両守護神の好守に遭う。

その後はフルアムがボールを握って押し込む時間帯が続くが、最後の局面で身体を張るユナイテッドの守備を崩し切るまでには至らない。一方、カウンターを起点に追加点へ迫ったユナイテッドはマルシャルのヘディングシュートやエリクセンの攻撃参加から決定機を迎えたものの、こちらも決め切ることはできなかった。

アウェイチームの1点リードで折り返した後半は引き続きホームチームが優勢に試合を進めていく。52分にはボックス中央でゴールを背にしたカルロス・ヴィニシウスの鋭い反転シュート、直後の右CKではファーで競り勝ったリームが渾身のヘディングシュートを放つ。だが、ゴール至近距離からのいずれのシュートもGKデ・ヘアの驚異的な反射神経にはじき出される。

以降は行ったり来たりの状況が続くと両ベンチが動く。ユナイテッドは55分にエランガを下げてマクトミネイを投入。スコットランド代表MFをトップ下、B・フェルナンデスを右ウイングに配置転換。フルアムは直後の57分にハリー・ウィルソンを下げて古巣対戦のダニエル・ジェームズを右ウイングに入れた。すると、この交代策が試合を動かす。

61分、ハーフウェイライン付近のタッチライン際でB・フェルナンデスがギリギリで残したボールをロビンソンが回収。ここからフルアムのカウンターが発動する。相手陣内左のハーフスペースでタメを作ったウィリアンを外側で追い越したケアニーがDFリンデロフの股間を抜く高速クロスを供給すると、斜めのランニングでゴール前に飛び込んだダニエル・ジェームズが右足ワンタッチで流し込んだ。

今夏、リーズから加入したウェールズ代表FWの初ゴールで振り出しに戻った試合は以降もホームチームの時間帯が続く。前半から駆け引きの巧さを見せたウィリアンの左サイドに加え、ダニエル・ジェームズが右サイドで推進力をもたらし、守備側にとって絞り辛い攻撃を展開する。

この守勢を受け、テン・ハグ監督は疲労が見え始めたマルシャルを下げてガルナチョを左サイドに投入。これでラッシュフォードが最前線に入り、直近のアストン・ビラ戦で機能した後半終盤の形にシフトする。

その後、ユナイテッドが80分を過ぎた辺りから盛り返し、試合は一進一退の攻防のまま最終盤に突入。後半のアディショナルタイムは3分と短く引き分け濃厚かに思われたが、ユナイテッドの新星が土壇場で大仕事を果たした。

93分、自陣での巧みなビルドアップでプレスをかいくぐったユナイテッドは左サイドに張るガルナチョへ展開。そのまま縦に運んだ18歳FWは内側のエリクセンにボールを預けてボックス左へ猛スプリントを仕掛けると、デンマーク代表MFから完璧なリターンパスが届く。快足を飛ばしてDFを振り切りGKにコースを消される前に左足のシュートをゴール右下隅へ流し込んだ。

そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、エリクセンの加入後初ゴールに加え、ガルナチョにプレミアリーグ初ゴールが生まれたユナイテッドがフルアムとの接戦を劇的に制し、リーグ2戦ぶりの勝利で中断期間を迎えることになった。