リーグ・アン第15節が週末に行われた。

今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。

伊東はモンペリエ戦で4試合連続先発出場。カタール・ワールドカップ前ラストゲームに臨んだ伊東は[4-2-3-1]の右ウイングでプレー。開始直後に味方のスルーパスに抜け出していきなり決定的なシュートを放つと、以降は自慢の突破力を遺憾なく発揮。相手の3バックとウイングバックの間を効果的に突き再三のドリブル突破でチャンスを演出していく。さらに、32分には快足を飛ばしてボックス右に侵入して2本目の決定的なシュートを放つが、ここはGKの好守に阻まれて3試合ぶりのゴールとはならず。

ゴールレスで迎えた後半はチームが守勢を強いられ、伊東も相手の監視が強まって突破シーンは少なくなる。それでも、ライン間でボールを引き出しながらパスでチャンスに絡む場面も創出。そして、後半終盤の87分にはボックス手前右でフォン・ベルゲンからの横パスを絶妙なタッチで叩いてリターンパスを送ると、ボックス右に走り込んだフォン・ベルゲンの折り返しからムネツィの先制点が生まれた。その後、チームが後半アディショナルタイムの失点で勝利を逃したものの、7戦無敗で中断前の戦いを終え、良い形でW杯に臨むことになった。

前節のトゥールーズ戦で1アシストを記録した南野だが、マルセイユとのビッグマッチでは3試合ぶりのベンチスタートに。試合は攻撃を売りとするチーム同士の対戦らしく打ち合いの形となった中、2-2の同点に追いつかれた後半終盤に出番を窺った南野だったが、クレメント監督は試合終盤に守備的な交代カードを2枚切って引き分けやむなしの割り切った決断。しかし、後半ラストプレーでコラシナツに決勝点を献上し、痛恨の敗戦。南野もリーグ戦では3戦ぶりに出番なしに終わった。

オナイウはスタッド・レンヌ戦に60分から途中出場。チームが1-2のビハインドの状況でFWラファエル・ハットンに代わって投入された中、ウイングでのプレーとなったが、30分ほどのプレータイムでシュートを放つことができず。攻撃を活性化させられぬままタイムアップを迎えた。そして、チームも厳しい3連敗となった。川島はロリアン戦でベンチ入りも出場機会はなかった。

★オナイウ阿道[トゥールーズ]
11/12
スタッド・レンヌ 2-1 トゥールーズ
◆60分から途中出場

★伊東純也[スタッド・ランス]
11/13
モンペリエ 1-1 スタッド・ランス
◆フル出場

★川島永嗣[ストラスブール]
11/13
ストラスブール 1-1 ロリアン
◆ベンチ入りも出場せず

★南野拓実[モナコ]
11/13
モナコ 2-3 マルセイユ
◆ベンチ入りも出場せず