フライブルクの日本代表MF堂安律がワールドカップ(W杯)の舞台となるカタールへと向かっている。

堂安は13日、ブンデスリーガ第15節で、W杯メンバーから外れたMF原口元気も先発したウニオン・ベルリン戦に先発。W杯前最後のリーグ戦に臨んだ。

フライブルクは開始4分と6分に2点を先行すると、堂安も19分にPKを獲得。フライブルクがリードを3点に広げると、前半アディショナルタイムの46分には堂安のアシストから4点目。前半で試合を決め、4-1で勝利を飾った。堂安は76分までプレーした。

試合を終えた堂安は早速インスタグラムを更新。「今、カタールで開催されるW杯という夢の舞台へ向かっています」と早くも移動していることを明かした。

同じ日本代表のMF久保建英(レアル・ソシエダ)の合流時のファッションが話題を呼んでいたが、注目の堂安のファッションはキャップにヘッドホン、ベージュのパーカーに、水色と黒のスーツケースというカジュアルな装いだった。

ユニフォームとはまた違う姿にはファンからも「キャリーかわいい」、「可愛い服装」、「オシャレモデルさんですか?」、「カッコいい~」、「アイテムが全部かわいすぎる」といったコメントが集まっている。

クラブで好調を維持したまま代表へと合流する堂安。初めてのW杯に臨む。