14日に2022シーズンのJ2リーグアウォーズが行われた。

今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から1週間、今回はJ2の各賞が発表された。

今季のJ2はアルビレックス新潟が制覇し、2位の横浜FCとともにJ1へ昇格。プレーオフでは4位のロアッソ熊本が京都サンガFCへの挑戦権を勝ち取ったが、13日に行われたその一戦は1-1で終わり、京都の残留となった。

そんなJ2で初の最優秀選手賞に選ばれたのは横浜FCの小川航基。今季ジュビロ磐田から完全移籍で加入し、26ゴールで得点王にも輝いた。もちろんベストイレブンにも顔を揃えており、個人では三冠を手にする充実したシーズンとなった。

ベストイレブンでは、優勝した新潟から最多の6人が選ばれ、横浜FCや惜しくも昇格に届かなかった熊本からはそれぞれ2人、3位のファジアーノ岡山から1人という構成となった。

また、最優秀ゴールは、FC町田ゼルビアの山口一真が第16節の新潟戦で決めた直接FKが選ばれた。敵陣中央と距離のある位置から右足を振り抜き、強烈なブレ球シュートがゴール右に突き刺さる正真正銘のスーパーゴールだった。

J2リーグの記念すべき初代各賞は以下の通り。

【2022 J2リーグ各賞受賞者】
◆最優秀選手賞
FW小川航基(横浜FC)

◆ベストイレブン
GK
小島亨介(アルビレックス新潟)

DF
堀米悠斗(アルビレックス新潟)
舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟)
ヨルディ・バイス(ファジアーノ岡山)

MF
長谷川竜也(横浜FC)
伊藤涼太郎(アルビレックス新潟)
高宇洋(アルビレックス新潟)
高木善朗(アルビレックス新潟)
河原創(ロアッソ熊本)

FW
髙橋利樹((ロアッソ熊本)
小川航基(横浜FC)

◆得点王
【26得点】
FW小川航基(横浜FC)

◆フェアプレー賞
アルビレックス新潟

◆優勝監督賞
松橋力蔵(アルビレックス新潟)

◆優秀監督賞
大木武(ロアッソ熊本)

◆最優秀ゴール賞
山口一真(FC町田ゼルビア)