マンチェスター・ユナイテッドが物議を醸したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの直近のインタビューに対して公式声明を発表した。

今季でユナイテッド復帰2年目のロナウド。復帰1年目から公式戦24ゴールとさすがの活躍ぶりだったが、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、シーズン前の移籍騒動にはじまり、先月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っている。

そんな渦中の37歳はこのたび、イギリスのテレビ『TalkTV』で90分間のインタビューを受けた際、クラブの評判を貶めるような物議を醸すコメントの数々を残していた。

ピアース・モーガン氏から「ユナイテッドの上層部が君を追い出そうと?」との質問に「そうさ。監督だけじゃない。クラブの周囲にいる2、3人もね。裏切られた気持ちだ」と返した。

改めて問われると、「どうでも良い。人々は真実に耳を傾けるべき。そう。裏切りを感じたし、今年だけじゃなく、去年も、一部の人間に必要とされていない気がする」と返答した。

さらに、テン・ハグ監督に対しては、「僕は彼を尊敬していない。彼だって僕を尊敬していないのだから。君が僕に敬意を払わないのなら、僕も君に敬意を払うことなんてないだろう」と、確執を認めた。

前述のコメント以外にもオーレ・グンナー・スールシャール、ラルフ・ラングニック前監督、元同僚であるウェイン・ルーニー氏に対して辛辣なコメントを発していたロナウドに関して、クラブは翌日に声明を発表。各種事実確認を行った後、しかるべき対応をとる意向を明らかにした。

「マンチェスター・ユナイテッドは、クリスティアーノ・ロナウドのインタビューに関する報道について留意している」

「クラブは、完全な事実関係が確定された後に、対応を検討する。我々は、シーズン後半戦の準備に集中し、選手、監督、スタッフ、そしてファンの間に築かれている機運や信念、一体感を継続させることに引き続き注力していく」

なお、一部報道では100万ポンド(約1億6400万円)程度の罰金に加え、トップチーム追放などの処分を科す可能性が高いと言われる。ただ、カタール・ワールドカップ中断直前のこのタイミングでのインタビューは非常に意図的なものであり、ロナウド側がクラブに戻る意思はないと考えるのが妥当。このままけんか別れでの退団が濃厚だ。