前チェルシー指揮官のトーマス・トゥヘル氏(49)が、アトレティコ・マドリー次期指揮官の最有力候補に挙がっているようだ。ドイツ『ビルト』などが伝えている。

9月にチェルシー指揮官の座を解かれたトゥヘル氏。新天地の候補としていくつかのクラブが挙がり、カタールW杯後にイングランド代表を率いるのではとも報じられたが、現在もフリーの状態が続いている。

ここ数日はアトレティコ行きが有力視されている模様。アトレティコは一昨季に7年ぶりのラ・リーガ優勝を達成も、今季はチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ敗退を喫し、ディエゴ・シメオネ監督(52)の長期政権に終止符を打つべき時が来たと叫ばれている。

首脳陣は6日のエスパニョール戦のドロー、続くマジョルカ戦の黒星を受け、シメオネ監督解任を本格議論。W杯後のスペイン代表退任が濃厚とされるルイス・エンリケ監督(52)が有力とも報じられたが、現在はトゥヘル氏が最有力とみて間違いないとのことだ。