バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)らの獲得に本腰を入れるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

黄金時代を築いたジョゼップ・グアルディオラ体制におけるダニエウ・アウベス以降、右サイドバックに絶対的な選手が現れていない近年のバルセロナ。今季はアーセナルからDFエクトル・ベジェリンを獲得したが、チャビ・エルナンデス監督は信頼しきれておらず、左サイドバックを本職とする19歳のDFアレハンドロ・バルデを起用するケースも多い。

冬の移籍市場ではこのポジションを優先して補強する可能性が高く、以前から関心を寄せているダロトのほか、ドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエ(31)も有力な候補として取り上げられている。

『ムンド・デポルティボ』は、チャビ監督が右サイドバックに求める条件として、クロスの精度はもちろんのこと、守備面も一定の基準を満たしている必要があるとのこと。また、現スカッドの中心選手は若い選手が多いため、トップレベルでの経験が多いことも不可欠な要素となっているようだ。