セレッソ大阪は16日、U-18所属のFW木下慎之輔(18)、MF石渡ネルソン(17)の昇格内定を発表した。

木下は大阪府出身で、エリートクラス、U-15、U-18とC大阪の下部組織でプレー。トップチームに2種登録もされている。

また、石渡もエリートクラスからU-18までC大阪の下部組織でプレーし、木下同様に2種登録されていた。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FW木下慎之輔
「木下慎之輔です。セレッソ大阪で、プロのスタートが切れる事を嬉しく思います。良い環境の中でサッカーができ、海外遠征などの貴重な経験を積む機会を与えて頂いたハナサカクラブの方々や、今まで応援して下さった指導者の方、また支えてくれた家族や友人への感謝を忘れず、ゴールやゴールに繋がるプレーで結果を出したいと思います」

「ドリブルや相手との駆け引きで観ている人に楽しいと思ってもらえる選手になります。応援よろしくお願いします」

◆MF石渡ネルソン
「トップチームに昇格することになりました、石渡ネルソンです。エリートクラスからお世話になった大好きなセレッソ大阪で、プロ選手としてのキャリアをスタートできることをとてもうれしく思います」

「これまで、ハナサカクラブの皆様から多くのご支援をいただき、国内・海外遠征等へいくことができました。そこで得た経験はすべて僕の糧になっています。本当にありがとうございました」

「これからは今まで以上に努力を重ね、セレッソ大阪を代表する選手になるようがんばります!」