11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。13カ国目は、フランス代表を紹介する。

◆フランス代表
監督:ディディエ・デシャン
主将:ウーゴ・ロリス
予選成績:5勝3分け
W杯出場数:7大会連続16回目
W杯最高位:優勝
FIFAランク:4位

◆主力多数不在で大会連覇に暗雲
Getty Images
ロシアW杯王者にして昨シーズンのUEFAネーションズリーグ制覇も成し遂げ、有力な優勝候補に挙がるフランス。ただ、欧州予選での思わぬ苦戦に加え、今シーズンのUEFAネーションズリーグでの不振、旧態依然とも揶揄されるデシャン監督の采配含め、チームは不安を抱える形で今大会を迎えた。ユーロ2020以降は3バックをメインシステムに採用していたが、今大会では[4-2-3-1]への原点回帰を図る見込みで、その選択が吉と出るか凶と出るか注目だ。

GKのポジションはミラン守護神メニャンが間に合わなかったことは誤算だが、キャプテンで正GKを務めるロリスは好調を維持。また、アレオラと共にバックアップを担う大ベテランのマンダンダはレンヌで状態を上げていることに加え、その優れた人格によってチームのメンタル面のケアも託される。

ディフェンスラインではヴァランがギリギリで間に合ったものの、キンペンベが土壇場で離脱となり、ディザジを代替召集。パヴァール、リュカと前回大会の主力は健在も、クンデやコナテ、サリバと若手の台頭が求められるところだ。また、4バック移行によって右ウイングバックのクラウスが招集外となったことで、右にセンターバックタイプのパヴァール(クンデ)を置き、左により攻撃的な選手を起用するという部分でテオ・エルナンデスのパフォーマンスがより重要となるはずだ。

中盤ではポグバ、カンテという絶対的な主力の負傷離脱によって厳しい状況だ。前回大会経験者は1人もおらず、代表キャップもラビオが唯一30試合近くに出ているが、その他の選手は出場数がほぼ一桁と経験不足が顕著だ。チュアメニとカマヴィンガのレアル・マドリーコンビを中心に怖いもの知らずの若手の活躍なくして連覇達成はない。

その中盤とは打って変わって前線は世界屈指のユニットを形成している。直前の負傷で無念の離脱となったエンクンクに加え、バロンドーラーであるベンゼマのコンディションが気がかりではあるが、ミランで第二の春を謳歌するジルー、今季絶好調のテュラム、コロ・ムアニがバックアップを担う。また、トップ下起用が見込まれるグリーズマン、前回大会に続く主役候補のムバッペに、デンベレとコマンという強烈な個の力を持つドリブラーが躍動を狙う。

◆超WS的注目プレーヤー
MFオーレリアン・チュアメニ(レアル・マドリー)
Getty Images
フランスの注目プレーヤーは、ポグバとカンテ不在の中盤で活躍が求められるチュアメニだ。今夏、メガクラブがこぞって獲得レースに参戦した中、レアル・マドリーを新天地に選んだ22歳はカゼミロに代わってクロース、モドリッチと共に新たな黄金の中盤を形成。強靭なフィジカル、守備センスを生かした持ち味のボール奪取能力に加え、攻撃面でも的確なボール捌き、機を見た持ち上がり、強烈なミドルシュートと攻守両面で前任者に決して劣らぬパフォーマンスを見せる。代表通算14キャップと経験不足は否めないが、ディフェンスラインや前線の経験豊富な選手たちのサポートを受けながら連覇に導く活躍を期待したい。

◆登録メンバー
GK
1.ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
16.スティーブ・マンダンダ(スタッド・レンヌ)
23.アルフォンス・アレオラ(ウェストハム/イングランド)

DF
2.バンジャマン・パヴァール(バイエルン/ドイツ)
3.アクセル・ディザジ(モナコ)
4.ラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
5.ジュール・クンデ(バルセロナ/スペイン)
17.ウィリアム・サリバ(アーセナル/イングランド)
18.ダヨ・ウパメカノ(バイエルン/ドイツ)
21.リュカ・エルナンデス(バイエルン/ドイツ)
22.テオ・エルナンデス(ミラン/イタリア)
24.イブラヒマ・コナテ(リバプール/イングランド)

MF
6.マテオ・ゲンドゥージ(マルセイユ)
8.オーレリアン・チュアメニ(レアル・マドリー/スペイン)
13.ユスフ・フォファナ(モナコ)
14.アドリアン・ラビオ(ユベントス/イタリア)
15.ジョルダン・ヴェレトゥ(マルセイユ)
25.エドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー/スペイン)

FW
7.アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
9.オリヴィエ・ジルー(ミラン/イタリア)
10.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
12.ランダル・コロ・ムアニ(フランクフルト/ドイツ)
11.ウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
19.カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/スペイン)
20.キングスレー・コマン(バイエルン/ドイツ)
26.マルクス・テュラム(ボルシアMG/ドイツ)

◆グループステージ日程
11/22
《28:00》
vsオーストラリア代表
@アル・ジャヌーブ・スタジアム

11/26
《25:00》
vsデンマーク代表
@スタジアム974

11/30
《24:00》
vsチュニジア代表
@エデュケーション・シティ・スタジアム