今夏にオリンピアコスに移籍した元ブラジル代表DFマルセロだが、戦力になっていないようだ。フランス『フットメルカート』が伝えている。

レアル・マドリーで数々の栄光を手にし、数え切れないほどのトロフィーを掲げてきたマルセロ。昨季限りで契約満了を迎え、15年半過ごしたクラブに涙ながらに別れを告げると、様々な選択肢の中からギリシャを新天地に選んだ。

サッカー界を代表するレジェンドの次なる活躍に注目したいところだったが、ここまで出場したのは5試合のみで、どれも30分以下となっている。その原因はまさかの太り過ぎ。30分以上プレーができない体になってしまっているようだ。

その上、本人にフォームを取り戻そうとする意欲が見られないとのこと。また、チーム内でも屈指の高額年俸となっており、今夏にハメス・ロドリゲスも獲得したクラブにとって大きな負担となっているという。

そのため、今冬の売却も検討されており、売却先としてはベシクタシュやMLSが候補に挙がっている。