11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。23カ国目は2大会連続出場となるモロッコ代表を紹介する。

◆モロッコ代表
監督:ワリド・レグラギ
主将:ロマン・サイス
予選成績:7勝1分け
W杯出場数:2大会連続6回目
W杯最高位:ベスト16
FIFAランク:22位

◆堅守速攻が売りのライオンズ

“アトラスの獅子”の愛称で知られるモロッコは、かつて日本代表でも指揮を執ったヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもと、アフリカ予選ではわずか3失点という堅守を誇り、2大会連続の本大会を決めた。だが、規律をめぐって一部の主力選手らを外したことで関係が悪化し、8月に電撃解任。ワリド・レグラギ監督体制となり、トラブルの影響で代表引退を表明していたエース、ハキム・ツィエク(チェルシー)も再び招集されている。

決戦まで3カ月というタイミングでの指揮官交代は不安視もされていたが、その後の親善試合では2勝1分けと無敗。主軸の復帰がチームに好影響を与えただけでなく、ツィエクも直近のジョージア戦で見事なロングシュートを決めるなど、開幕へ向けて調子は上向きだ。

守護神にはセビージャで2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制し、2021-22シーズンにはラ・リーガでサモラ賞も受賞した“ボノ”ことヤシン・ブヌ(セビージャ)が君臨。モロッコ史上最高のサイドバックと称されるアクラフ・ハキミ(パリ・サンジェルマン)も攻守で存在感を放っている。

エルヴェ・ルナール監督(現:サウジアラビア代表監督)が率いた前回大会は、イラン代表、スペイン代表、ポルトガル代表と同居し、未勝利でグループ最下位に沈んだ。ポット3以下の宿命か、今大会も難敵ぞろいの組に入ったが、目指すは1986年以来となる決勝トーナメント進出だ。

◆超WS的注目プレーヤー
GKボノ(セビージャ)

注目選手は絶対的な守護神であるボノ。大陸では頭1つ抜けるチームも、強豪ひしめくグループFでは我慢が必至。2021-22シーズンのラ・リーガ最少失点GKに掛かる期待は大きいだろう。アタッカー陣は揃っているだけに、ゼロで耐えた時間の分だけ、グループステージ突破の扉は近づいてくる。

◆登録メンバー
GK
1.ヤシン・ブヌ(セビージャ/スペイン)
12.ムニル(アル・ワフダ/サウジアラビア)
22.アフメド・レダ・タグナウティ(ウィダードAC)

DF
2.アクラフ・ハキミ(パリ・サンジェルマン/フランス)
3.ヌサイル・マズラウィ(バイエルン/ドイツ)
5.ナイーフ・アゲルド(ウェストハム/イングランド)
6.ロマン・サイス(ベシクタシュ/トルコ)
18.ジャワド・エル・ヤミク(レアル・バジャドリー/スペイン)
20.アクラフ・ダリ(ブレスト/フランス)
24.バドル・バヌン(カタールSC/カタール)
25.ヤヒア・アッティヤト・アラー(ウィダードAC)

MF
4.ソフィアン・アムラバト(フィオレンティーナ/イタリア)
7.ハキム・ツィエク(チェルシー/イングランド)
8.アゼディン・ウナイ(アンジェ/フランス)
10.アナス・ザルリ(バーンリー/イングランド)
13.イリアス・シャイル(QPR/イングランド)
14.ザカリア・アブクラル(トゥールーズ/フランス)
15.サリム・アマラー(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
17.ソフィアン・ブファル(アンジェ/フランス)
23.ビラル・エル・ハヌス(ヘンク/ベルギー)
26.ヤヒヤ・ジャブラヌ(ウィダードAC)

FW
9.アブデルラザク・ハムダラー(アル・イテハド/サウジアラビア)
11.アブデルハミド・サビリ(サンプドリア/イタリア)
16.アブデ・エザルズーリ(オサスナ/スペイン)
19.ユセフ・エン=ネシリ(セビージャ/スペイン)
21.ワリド・シェディラ(バーリ/イタリア)

◆グループステージ日程
11/23
《19:00》
vsクロアチア代表
@アル・バイト・スタジアム

11/27
《22:00》
vsベルギー代表
@アル・トゥマーマ・スタジアム

12/1
《24:00》
vsカナダ表
@アル・トゥマーマ・スタジアム