ポルトガル代表MFルベン・ネヴェスが、渦中にある大エースのFWクリスティアーノ・ロナウドについて言及した。『beIN Sports』が伝えた。

カタールW杯の開幕を控える中、今回が5度目の出場となるC・ロナウドは、所属先のマンチェスター・ユナイテッドへの批判、そしてエリク・テン・ハグ監督やかつてのチームメイトであるウェイン・ルーニーらへの批判をインタビューで口にした。

これらの発言は物議を醸し、ユナイテッドは公式声明で「然るべき対応を取る」とし、緊張が走っている。

一方のC・ロナウドはポルトガル代表としてのW杯の戦いに集中。ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督も「我々には関係ないこと」とC・ロナウドとクラブの問題は代表チームとW杯には無関係であるとした。

そのC・ロナウドは、同じユナイテッドに所属するMFブルーノ・フェルナンデスが遅れて合流した際のドレッシングルームの反応が大きな話題に。B・フェルナンデスが握手を拒否したようにも見られ、クラブ批判を繰り広げたC・ロナウドとの不仲が一気に騒がれた。

しかし、この一件についてはMFジョアン・マリオが「ジョークを言っていた」とコメント。全く不仲ということはないと否定していた。

その件についてネヴェスもコメント。C・ロナウドの状態はとても良いとし、本大会でも大きな存在になるとコメント。また、チーム内での不協和音も存在しないと不仲説を否定した。

「トレーニングで見た限りでは、彼は見事な状態だよ。僕たちは何も心配していない。個人個人が際立つように上手くやれることを知っている。僕たちが上手くやれば、クリスティアーノは驚異的な存在になるだろう」

「ドレッシングルームに争い事があるとは思わない。ただ、いくつかの論争がないまま僕たちが振る舞うことは不可能だ」

「ドレッシングルームよりも、キャンプの外のこと、そしてメディアの方が多いと思う。それは全て言われているだけのことで、僕たちは素晴らしい雰囲気を持っている」