マルセイユに所属するモロッコ代表MFアミーヌ・アリ。25歳の攻撃的MFが自身の心境を綴った。

今季シャルケからレンタル移籍でマルセイユに加入していたアリ。チームの軸としてプレーし、モロッコ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に出場することが決まっていた。

しかし、代表合流前のラストマッチ、13日に行われたリーグ・アン第15節のモナコ戦に先発出場。しかし、後半にアクシデントに見舞われ、プレー中にモナコのアクセル・ディザジがボールをクリア。しかし、このキックと左足が接触すると、ヒザを捻ることに。そのままピッチに倒れ込んだアリは痛みに絶叫。周囲の選手も顔を覆ってしまった。

マルセイユのチームメイトは早くスタッフを呼び、近くにいたモナコの選手も異変に気付いて顔面蒼白。騒然となる中、そのまま担架で運び出されてプレー続行不可能に。W杯直前にまさかの重傷となり、夢は儚く散ることとなった。

そのアリは自身のインスタグラムに病院のベッドに横になる写真を投稿。ケガをしたことへの心境を綴りながらも、相手選手を責める気はないとし、ここからの復帰にすでに意気込んでいると気丈にに振舞うコメントを残した。

「愛する人たちとともに自分だけの時間を過ごしたかったから、少し待ってから話すことにした。想像の通り、肉体的な痛み以上に、ワールドカップの夢が、数時間前に消えてしまったことを実感するのは辛い」

「ただ、試合(モナコ戦)の前の記者会見でも語ったように、僕たちにとっては運命でもあり、それを受け入れる。僕はライオンズ(モロッコ代表)が大会で最高の結果を出すことを祈っている。僕の兄弟たちが、僕を誇りに思ってくれていると信じている」

「それからすでにプライベートで彼にも言ったことだが、ここでも改めて言っておきたいのは、僕はアクセル・ディザジを少しも責める気はないということだ」

「2人でボールをプレーする普通の試合であり、何の意図もなかった。彼がインターネット上で受けた被害は許しがたく、申し訳なく思っている」

「最後に、僕も落ち着いて手術を待ちたいと思った。ドクターと彼のチームに感謝する。これまで経験したことがない最大のケガだ。旅は確かに長くて辛いものだけど、みんなは僕のことをよく知っているはずだ。僕は決して諦めず、さらに強くなって戻ってくることをすでに考えている」

「また、クラブ全体、モナコのピッチでの事故から僕をケアしてくれたスタッフ、常にサポートしてくれたチームメイトにも感謝する。受け取った何千ものメッセージにも感謝する」

「みんなの存在は僕にとってかけがえのないものであり、僕はみんなのおかげで、この試練に冷静に立ち向かうことができる」

「シーズンnの終わりに代表チームとクラブのチームメイトの幸運を祈る。僕は君たちから目を離さない。自分を大切にしてほしい。またグラウンドで会いましょう」