バイエルンは、ドルトムントのドイツ代表FWユスファ・ムココ(18)獲得には動かないようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

今季は中断期間までにブンデスリーガで14試合6得点4アシストを記録し、18歳の若さで一気にカタールW杯メンバーまで駆け上がったムココ。ドルトムントで定位置を確保しているが、契約が2023年6月で満了を迎えるため、現状では来夏にステップアップするとの見方が強い。

すでにレアル・マドリーやバルセロナ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドなどといったメガクラブからの関心が取り沙汰されている一方、ドイツの絶対王者バイエルンは、すでに18歳の至宝から手を引いているとのことだ。

つい先日には、GKマヌエル・ノイアーが記者会見に同席したムココを冗談混じりにバイエルンへ勧誘するという一幕が話題を呼んだが、首脳陣らは早い段階でムココへの関心を放棄していたという。

なお、ムココ本人は給与面で折り合いがついていないという理由でドルトムントとの契約延長を保留中。しかし、エディン・テルジッチ監督への絶大な信頼があり、W杯から帰国次第、延長交渉を再開するとみられている。