フジテレビの鈴木唯アナウンサーがカタールでの一幕を明かした。フジテレビアナウンサーの公式インスタグラムで伝えている。

20日、カタール・ワールドカップ(W杯)が開幕。鈴木アナも「鈴木唯です!FIFAワールドカップ取材のためカタールにやって来ました」と現地を訪れたことを報告した。

そして、「カタールでは色々な国の料理が食べられます!」と現地の食についてもレポート。フジテレビで放送される『FIFA ワールドカップカタール 2022』のスペシャルナビゲーターを務める元日本代表FW大久保嘉人氏との食事風景を披露している。

食卓の上には5種類以上のルーがずらっと並べられているが、大久保氏はカレーの手食に挑戦。一方の鈴木アナは「これは南インドのカレーですが、大久保さんは現地の人に倣って手で食べていました 私にはハードルが高そうだったので、スプーンでいただきました」と慣れたスプーンで食べたことを明かしている。

また、大久保氏も自身のインスタグラムを更新。「手で食べてみるよね。未だに手についたカレーの匂い取れず」と悩みも明かしたが、「お腹空いたら自然と指を鼻に持っていって匂ってる自分に驚いてる よし、次も手で食べよっと!!」といつもとは違う食べ方にハマったようだ。