インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)は、今季終了後に保有権元のチェルシーへ戻る可能性が高いようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

今夏に1年レンタルでインテルへと加入したルカク。昨季のチェルシーで鳴かず飛ばずの成績に終わり、わずか12ヶ月で出戻りとなったが、シーズン序盤に負ったケガが長引き、中断期間までに期待に見合う活躍は披露できていない。

自身は来季以降のインテル残留を強く希望も、なかなか稼働できないうえ、安くないコストがかかっているため、首脳陣らは今季終了後のレンタル期間満了に伴う退団を想定。ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)獲得に本腰を入れ出したのは、これが最大の要因だという。

レンタル延長という選択肢も残すものの、チェルシーとしても来夏にルカクを売却し、2021年夏に費やした移籍金1億1500万ユーロを少しでも回収したい考え。インテルはルカクを巡るチェルシーとの交渉に意欲を失いつつあり、現時点では今季限りの退団が濃厚とのことだ。