バルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)が去就に言及した。スペイン『マルカ』が報じている。

バルセロナ入りした昨季に自身を呼び寄せたロナルド・クーマン前監督がシーズン途中にいなくなったものの、チーム最多の公式戦13ゴールを決めたデパイ。移籍話もあった今夏こそ残留を決断したが、FWロベルト・レヴァンドフスキや、FWハフィーニャという新たなライバルの存在に自身のケガも重なり、出番を減らす。

契約も半年を切ろうとしており、オランダ代表として臨むカタール・ワールドカップ(W杯)後の去就が注目の的に。バルセロナが来年1月の現金化を画策といわれるなか、ユベントスの再チャレンジも噂されるが、「W杯の以外は何も考えていない」と濁した。

「どうだろうね。この先がどうなるかはわからない。今はW杯に集中していて、それ以外のことは何も。僕らは素晴らしいチームだし、遠くに行きたい。今後のことはそれからさ」