マンチェスター・シティは23日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)との契約を新たに2年延長した旨を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。

かつてバルセロナ、バイエルンの指揮を執り、フットボール界屈指の名将と評される手腕をもって2016年からシティを率いるグアルディオラ監督。チャンピオンズリーグ(CL)での優勝こそまだだが、プレミアリーグとリーグカップを4度ずつ制したほか、2018-19シーズンにFAカップのタイトルも獲得した。

その2018-19シーズンにイングランド史上初の国内トレブルも成し遂げ、通算戦績は374試合で271勝。勝率72.4%を誇り、1試合あたりの平均得点も2.46ゴールと強烈なチームを築くが、以前に2023年夏までの現行契約をもってシティを離れ、代表チームを指揮する可能性も示唆している状況だった。

グアルディオラ監督は「あと2年、マンチェスター・シティに残れることになり、非常に嬉しく思う」と喜びの心境とともに、決意を新たにしている。

「私を信頼してくれたクラブのみんなに感謝の言葉しかない。私はここで幸せで、快適に過ごしている。自分の仕事を全うするために必要なものがすべて揃っているんだ。このクラブの次なる章も素晴らしいものになる」

「過去10年がそうだったように、次の10年もね。非常に安定しているからだ。(就任の)初日から、ここにいるのは特別なものを感じた。ここ以上の場所などない。だから、私はここに残り、トロフィーのために戦い続けたい」