ローマは23日、ノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定している。

今年12月末でボテ/グリムトとの契約が終了するソルバッケンは、2023年1月付けでローマの一員となり、2027年6月30日までの4年半契約を結ぶ。

ローマの今冬補強1人目となった24歳のアタッカーはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「僕はこれを求めてきたんだ。本当にローマのプレーヤーになりたかったし、ついに自分がローマの一員であると言えるよ」

「ローマは最初の段階から僕にとって際立っていた。クラブの見通しと計画を心から信じているし、その一員になりたいと思っていたんだ」

「僕は学び、改善するためにここに来ているけど、同時に自分の能力を示したいとも思っている。ローマのファンは僕が出会った最高のものであり、彼らの側でプレーするのが待ち切れないよ」

一方、ナポリらとの競合を制して逸材の確保に成功したゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏は、昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージで2試合3ゴールを決められた経緯もあり、大きな期待を口にしている。

「オラ・ソルバッケンは、近年競争のレベルが急速に向上しているリーグで確固たる地位を築いている」

「彼の年齢、特性、そして彼がまだ改善しなければならない余地を含めてそのすべてが我々のプロジェクトに求めているものと一致している。オラは優れた技術的能力を持ち、彼を現代的なフットボーラーとする身体的属性に恵まれている」

「多くの異なるクラブが彼に興味を示し、最終的に彼はローマへの加入を選択した。我々はそれについて非常に満足している」

ソルバッケンは母国の名門ローゼンボリの下部組織で育ち、ノルウェー1部のランハイムでプロデビュー。ボテ/グリムトには2020年1月から在籍しており、クラブ通算91試合20ゴール24アシストを記録している。

186cmの左利きの大型アタッカーは、爆発的なスピードとストライドの広さを生かしたオープンスペースでのドリブル突破、パワフル且つ繊細な左足でのフィニッシュが最大の特長。また、スペースがないクロスやラストパス、密集地帯での局面打開も十分に可能だ。

プレースタイルに関しては現主力であるMFニコロ・ザニオーロとかなり重なる部分はあるが、両サイドでプレー可能な点や守備面でジョゼ・モウリーニョ監督の要求を満たせれば、左右のウイングバックの攻撃的なオプションとしても機能する可能性は高い。