湘南ベルマーレは24日、GK馬渡洋樹(28)の完全移籍加入を発表した。

馬渡は2017年に鹿屋体育大学から愛媛FC入りし、同年の明治安田生命J2リーグ第24節の松本山雅FC戦でプロデビュー。その後、川崎フロンターレを経て2020年に移籍したファジアーノ岡山では守護神の座を掴めず、今年4月に湘南へ期限付き移籍の形で加入した。

湘南ではGK谷晃生のバックアッパーとして、今季公式戦2試合に出場。明治安田生命J1リーグ第20節のガンバ大阪戦では、クリーンシートを達成して勝利に貢献した。

来季も湘南でプレーすることが決まった馬渡は、両クラブを通じてコメントしている。

◆湘南ベルマーレ
「湘南ベルマーレのファン、サポーターの皆さま、そして湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまこんにちは。改めまして馬渡洋樹です!この度、完全移籍をすることになりました。今シーズンは途中移籍でしたが、快く受け入れて下さってありがとうございました。今年の目標の5位以内という目標は達成できませんでしたが、少しでもチームに貢献できて良かったと思います。来シーズンは今年以上に活躍できるように頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!」

◆ファジアーノ岡山
「ファジアーノ岡山のファン・サポーターの皆さま、そしてファジアーノ岡山に関わる全ての皆さま、こんにちは!このたび、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。今年途中で移籍をし、岡山にいた2年間はあまりチームに貢献できず自分のプレーを試合で見せることができない状況でしたので少し心残りはありますが、日々の練習でチームメイトと切磋琢磨して楽しく過ごすことができました」

「また、コロナ禍でなかなか皆さまにお会いできる機会がありませんでしたが、こんな人もいたなと頭の片隅で覚えていてくれると嬉しく思います!今年の目標であったJ1昇格は最後の最後で叶わなかったですが、シーズン中の快進撃にはとても刺激をもらっていました。来シーズンは目標を達成できることを心から願っています。2年間という短い間でしたが、ありがとうございました!」