ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のマンチェスター・ユナイテッド退団に同僚のブラジル代表MFカゼミロが発言した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。

ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアでは予想される結末として事実上の解雇が大半を占め、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。

カタール・ワールドカップ(W杯)にも負けず劣らずの話題を呼んだなか、レアル・マドリー時代からの戦友であるカゼミロもその件にコメント。いちチームメイトとして惜しむ声を上げつつ、エールも送った。

「彼とはメッセージをやり取りしていない。でも、クリスティアーノは経験豊富な選手で、自分のキャリアにとって何が良いのものなのかをわかっているはず。もちろん、悲しい。特にマンチェスターでは歴史上最高の選手の1人を巡る話なわけだから。いち友人として、僕らは今後の幸運を祈るだけ。フットボール面がすべてうまく行くのを願っている。僕らと対戦するときを除いてね」

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら