ガラタサライの元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディとワンダ・ナラがよりを戻したようだ。

昨季終了後にパリ・サンジェルマン(PSG)から構想外を告げられ、トルコのガラタサライに新天地を求めたイカルディ。イスタンブールへは家族と共に渡ったが、9月にワンダ・ナラがSNSで一方的に離別を発表。 その後、イカルディが関係修復に動いたものの、ワンダ・ナラの態度は変わらず。現在は複雑な離婚手続きに入っている段階だと伝えされていた。

だが、イカルディは24日に自身のインスタグラムを更新し、ワンダを抱きしめる写真を公開。インド洋の楽園、モルディブから「ディズニーの物語にもセカンドシーズンがあります。愛してるワンダ・ナラ」と綴った。

関係修復を思わせる投稿には、ファンからも「ロマンチックな映画というより、ホラー映画だ」、「女の子があなたを愛していないことに気づいていません」、「行ったり来たり、行ったり来たり」、「男性がろくでなしであることを見てください…。しかし、兄弟、あなたはすべての賞品を受け取ります!」などの様々な声が届いている。

事あるごとに離婚騒動へと発展してはよりを戻すお騒がせな2人。今後の関係はどうなっていくのだろうか。



サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら