カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節のクロアチア代表vsカナダ代表が27日に行われ、4-1でクロアチアが勝利した。

4日前に行われたグループリーグ初戦でモロッコ代表とゴールレスドローに終わったクロアチアは、その試合のスタメンからヴラシッチをリバヤに変更した以外は同じスタメンを起用。3トップにクラマリッチ、リバヤ、ペリシッチを並べた[4-1-2-3]の布陣で試合に臨んだ。

一方、初戦でベルギー代表に惜敗したカナダも、その試合のスタメンからホイレットをラリンに変更した以外は同じメンバーを採用。アルフォンソ・デイビスやデイビッド、ハッチンソンらがスタメンに名を連ねた。

試合は開始早々にスコアが動く。カナダは2分、GKボルヤンのロングフィードを最前線でラリンが収めると、右サイドへ展開。このパスを受けたブキャナンがバイタルエリア右からクロスを供給すると、ゴール前の走りこんだアルフォンソ・デイビスがヘディングシュートを叩き込んだ。

出鼻をくじかれたクロアチアだが、徐々に落ち着きを取り戻してパスサッカーを展開すると、26分にはブロゾビッチのパスを最前線のリバヤがワンタッチではたくと、DFの裏に抜け出したクラマリッチがボックス右からシュートを流し込んだが、これはオフサイドディレイによりゴールが認められず。

さらにクロアチアは、36分にも右CKのセカンドボールから二次攻撃を仕掛けると、ボックス左角のペリシッチが供給したパスからゴールエリア左横まで抜け出したクラマリッチがゴール右隅にへシュートを流し込んだ。

ハーフタイムにかけては、追いついたクロアチアが押し込む流れが続く。すると44分、モドリッチとのパス交換で右サイドを抜け出したユラノビッチが斜めのドリブルでバイタルエリアまで侵入。一度は相手DFのブロックに阻まれたが、粘り強くこぼれ球を繋ぐと、これを受けたリバヤがペナルティアーク内からゴール左隅にシュートに突き刺し、逆転に成功した。

迎えた後半、1点を追う展開のカナダはラリンとエウスタキオを下げてオソリオとコネを投入。すると49分、オソリオがボックス右手前からコントロールショットでゴールに迫ったが、これはわずかにゴール左に外れた。

対するクロアチアは、54分に味方のパスから右サイド深くまで抜け出したモドリッチの折り返しを中央のクラマリッチがダイレクトシュートで合わせたが、これはGKボルヤンの好セーブに防がれた。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、クロアチアは71分にペリシッチの左クロスをファーサイドで収めたクラマリッチがカットインから左足でゴール左隅に流し込んだ。

攻撃の手を緩めないクロアチアは、78分にもボックス左深くまで切り込んだペリシッチが角度のない位置からシュート。さらに相手GKの弾いたボールを拾ったコバチッチが落としからブロゾビッチに決定機が訪れたが、このシュートもGKボルヤンの好セーブに防がれた。

このまま試合終了かと思われたが、クロアチアは試合終了間際の94分にもロングパスに対応したミラーのクリアミスを奪ったオルシッチがドリブルでボックス内まで持ち上がると、ラストパスを並走したマイェルが流し込み、4-1で勝利。

今大会初勝利を飾ったクロアチアは、ベスト16進出を懸けて最終節でベルギーとの直接対決に臨むこととなった。一方、逆転負けを喫したカナダはグループステージ連敗で敗退が決定した。

クロアチア 4-1 カナダ

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら