横浜F・マリノスのMF藤田譲瑠チマがASローマ戦を振り返った。

横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。

明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦。U-21日本代表の欧州遠征から戻ってきたばかりの藤田は、MF渡辺皓太との交代で後半頭から出場。ワールドクラスの相手に対して、攻守両面でアグレッシブなパフォーマンスを見せた。

当初は試合終盤の短い時間でのプレーが予定されていた中、約50分ほどプレーすることになったU-21日本代表MFは強豪相手の一戦を振り返った。

「代表帰りということもあったので、自分は20分ぐらいしか出ない予定でしたが、(チーム内で)アクシデントもあって後半初めからのプレーになりました」

「相手は全体を通して個人個人の能力が高く、インテンシティが高いところもあったので、少しキツい部分もありました。ただ、個人としてこういうインテンシティに慣れていかなければいけないと感じました」

「そこ(ニコロ・ザニオーロ)でなかなかボールを奪い切れず、相手の攻め残っている選手にうまくボールが入ってしまった際にカウンターを多く受けてしまうシーンが多かったので、そこは自分たちとして厳しい感じでした」

また、常々最高峰の舞台への挑戦に意欲を示す若武者は、自身のパフォーマンスに言及。一定の手応えを口にしながらも多くの課題を得たという。

「攻撃の部分で言えば、自分が良い立ち位置を取って周りを認知できているときは、ああいう相手に対しても問題なくプレーできました。ただ、球際の部分ではもっとやっていかないといけないと感じています」

「(試合終盤にあわやPK献上という場面もあったが?)あの時間帯はボールの取られ方がよくない時間が続きアップダウンが激しくなっていました。その中でああいう軽いプレーはやってはいけないと強く感じました。あそこの対応に関してはもっとできたと考えています」

カタール・ワールドカップ開催に伴い、例年に比べて一足早くシーズンを終えることになったが、U-21日本代表の欧州遠征でのスペイン、ポルトガルとの連戦、今回のローマ戦とシーズン最後に強豪との対戦を経験できたことは個人としてプラスになったようだ。

「いろいろとタイプの違うレベルの高い相手とできているので、早く行きたいという気持ちが強くなりました」

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら