チェルシーが、ライプツィヒのドイツ代表FWクリストファー・エンクンク(25)の獲得を決定的なものにしたようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

すでにチェルシー行きが濃厚と言われていたエンクンク。8月末に同クラブ主導のメディカルチェックを受けたと伝えられており、続報が待たれているところだった。

そんな中、カタール・ワールドカップのドイツ代表メンバーにも選ばれたエンクンクだったが、開幕直前のトレーニングで左ヒザ外側側副じん帯断裂の大ケガ。全治最大2カ月半という診断が下され、無念にもW杯の欠場が余儀なくされた上に、チェルシー移籍にも影響が出る可能性も指摘されていた。

だが、それも杞憂だったようだ。ロマーノ氏によれば、9月の報道通りメディカルチェックはすでに完了し、クラブ間契約も大詰めを迎えているようだ。条件として、チェルシーは6000万ユーロ以上に設定されている契約解除金と、いくつかのボーナスを支払うことで合意に達しているという。

契約が有効となるのは来年6月。エンクンクとライプツィヒの契約は2026年まで残っていた。

同選手はパリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2019年夏にライプツィヒに加入。昨季のブンデスリーガで全34試合に出場し20ゴール15アシストという圧巻の成績を残し、一躍注目の的になると、今季も中断前はリーグ戦15試合で12ゴール2アシストと変わらずゴールを量産。W杯での活躍も期待されるところだった。

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら