川崎フロンターレは29日、湘南ベルマーレからFW瀬川祐輔(28)の完全移籍加入を発表した。

瀬川は2016年に明治大学からザスパクサツ群馬でプロの門を叩き、1年目からJ2リーグで13得点を記録。2017年から大宮アルディージャに移り、2018年から柏レイソルで4年間を過ごした。

そして、今年からは湘南に活躍の場を移し、J1リーグではチーム最多の32試合に出場。複数のポジションをこなせるアタッカーで、攻守のハードワークも生かしつつ、公式戦4ゴールを決めた。

来季から川崎FでプレーするJ1リーグ通算110試合18得点の28歳は川崎Fの公式ウェブサイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました瀬川祐輔です。小学生の頃から身近に感じていたクラブでプレーできることに喜びを感じています。タイトルを獲りに来ました。フロンターレがもっともっと強くなるように、自分の持っている力を全て出します。よろしくお願いします!!」

一方、湘南を通じてはわずか1年の在籍ながら、充実した日々だったと振り返り、移籍を決断した経緯とともに、感謝の言葉を綴った。

「自分のキャリアの中でも、とても充実したシーズンを過ごすことができ、サッカーの楽しさを改めて感じることができました。また、サッカー選手としての成長を大きく感じた一年でもありました。一年間、ありがとうございました」

「今年は、覚悟を持って湘南ベルマーレに移籍してきました。チームの目標には到達できませんでしたし、個人的な結果も残せなかったと思っています」

「しかし、オファーをいただき、自分の夢から逆算してたくさんのことを考え抜いた結果、今年以上の大きな覚悟と野心を持ってチャレンジしたい、もっともっと成長できると思い、この決断をしました。ホーム最終戦のあの雰囲気、一生忘れません! 本当にありがとうございました!」

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら