アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの耳打ちは一体何だったのだろうか。

11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節でアルゼンチンはポーランドと対戦した。

アルゼンチンは負ければ敗退の可能性もある状況。初戦でサウジアラビア代表に敗れたことが重くのしかかっている。

ポーランドは引き分けでも突破が可能という状況だったが、試合は46分にアレクシス・マク・アリスターのゴールでアルゼンチンが先制。68分にはフリアン・アルバレスが追加点を奪い、0-2でアルゼンチンが勝利した。

この結果、アルゼンチンが首位、ポーランドは何とか2位を守り共に決勝トーナメントに進出している。

メッシはこの試合でPKを失敗した中、試合後に相手のエースであるレヴァンドフスキと何やら会話。互いに耳打ちをしていた。

試合後のインタビューでメッシはこの件について問われたが、内容を明かすつもりはないとした。

「何もないよ。ロッカールームと同じように、ピッチで起こることは、全てピッチにとどまらせるということを教えられた」

「僕たちがプライベートで言い合ったことは、絶対に自分からは話さないよ」

一方で、ファンは会話の内容を推測し大喜利状態に。「来年はバルサで一緒にプレーしよう」、「バルサでまた会おう」、「バルサに帰るよ」など、メッシのバルセロナ復帰を願う声が多く上がっており、その件を話しているのではないかと話題だ。