インテルの伝説的OBジュゼッペ・ベルゴミ氏が、失意に沈むベルギー代表FWロメル・ルカクを励ました。

ルカクはケガを押してカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末に。自身も最終節のクロアチア代表戦で再三にわたって決定機を逃し、今大会を無得点で終えた。

早々にカタールを去ることとなり、失意に沈むルカク。インテルのハビエル・サネッティ副会長から慰めの手紙を貰ったことも話題となったが、ベルゴミ氏もイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで励ましの言葉を並べている。

「明らかに彼(ルカク)の実力に見合った結果ではない。運が悪かっただけだよ。長い間プレーができなかったなかでも、ベルギーは(クロアチア戦で)彼が出てきて少しチャンスが増えただろう?」

「インテルへと戻ってくる頃には、フィジカル面ももう少し改善されているだろう。わずかでもW杯でピッチに立ったことが、インテルに還元されてくれると嬉しいよ。シモーネ・インザーギ(監督)だって彼を必要としている」

ここ最近は何かとマイナスの印象が強いルカクだが、インテルがスクデットを奪還するためにこの男の活躍は不可欠。中断期間明けの爆発に期待したい。