サンフレッチェ広島は6日、カタール・ワールドカップ(W杯)のベスト16で敗退となった日本代表への感謝のメッセージを送った。

5日、日本はラウンド16でクロアチア代表と対戦。ベスト8を目標にし、あと一歩に迫った中、前半に前田大然のゴールで先制。しかし、後半に追いつかれると、そのまま延長戦に突入。延長戦でも決着つかず、PK戦へともつれ込んだ。

PK戦では、日本は3人が失敗してしまい敗退。4度目の挑戦もベスト8に進出することはできなかった。

広島はかつてチームを率いた森保一監督をはじめ、コーチ陣もチームで指導していたこともあり、「森保ジャパンへの感謝」として、代表取締役社長の仙田信吾氏の名義で声明を発表した。

「森保ジャパンのクロアチア戦は、残念ながらPK戦で敗れました。10月16日の「天皇杯決勝」を戦った私たちには、否が応でもPKの残酷さが分かります。しかし、森保監督率いる日本代表は、べスト8に限りなく肉薄し、その差は今大会の日本を象徴する「1ミリ」にまで近づいていました」

「森保一監督の下で、代表チームをサポートした横内昭展コーチ、松本良一フィジカルコーチ、下田崇GKコーチ、上野優作コーチ、中下征樹テクニカルスタッフも、サンフレッチェ出身者です。そして、ドイツ戦で決勝ゴールを決めた浅野拓磨選手がいました。紫の戦士に心からのエールと感謝を申し上げたいです」

「世界を驚かせた日本代表の活躍に目を輝かせた子供たちは、サッカーの躍動感に改めて驚嘆しました。サンフレッチェのサッカースクールへの問合せが目に見えて増えています。元Jリーガーのコーチも指導する、私たちのスクールが注目していただけ嬉しいです」

「サンフレッチェは男女のトップチームだけではありません。小中高のアカデミーの充実が下支えして、ここからプロ選手が生まれ、男子トップチームの1/3はユース出身という育成型クラブなのです」

「私たちが一層強くなっていくためには、幼い頃からのサッカー体験の幅広い裾野が重要で、森保ジャパンの活躍は、育成のサンフレッチェを大きく前進させてくださることにもなりそうです」

「来期はエディオンスタジアムの最終年です。森保監督をお迎えして、大きな声援と拍手で労をねぎらいたいですね」