シャルケは9日、ドイツ人FWセバスティアン・ポルターの戦線離脱を発表した。

ポルターは7日に行われたチューリッヒとの親善試合で右ヒザを負傷。その後のMRI検査の結果、右ヒザ十字じん帯損傷が確認された。

クラブによれば、同選手はこれからドイツに帰国して更なる検査を受けることになり、その結果次第では今季残りの試合をすべて欠場することになるという。

シャルケのペーター・クネーベルSD(スポーツディレクタ―)は、「まず、ポルティの回復を祈っている。我々は彼がピッチに戻るために必要なことをすべてサポートするつもりだ」とコメントしている。

昨年夏にボーフムからシャルケに加入したポルターは、ここまで途中出場を中心にブンデスリーガ14試合で1ゴール2アシストを記録。ここまで13得点とリーグ最下位の得点力のシャルケにとって、ベテランFWの離脱は大きな痛手だ。