パリ・サンジェルマン(PSG)のオーナーであるカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)が、プレミアリーグのクラブの株式を購入する可能性があるようだ。

QSIは、2011年5月にPSGの株式70%を購入し筆頭株主に。2012年には残りの株式も購入し、単独の株主となった。

ナセル・アル=ケライフィ会長の下、多額の資金を移籍市場で投下し、代表クラスのスター選手を買い集めると、一気にビッグクラブに成長。毎年その移籍市場での立ち振る舞いは話題となっている。

現在は、今後のサッカー界を担うフランス代表FWキリアン・ムバッペを中心に、ブラジル代表FWネイマール、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを攻撃陣に擁する他、元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやカタール・ワールドカップ(W杯)でも活躍したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマなど錚々たる顔ぶれが肩を並べている。

イギリス『BBC』によれば、そのPSGを保有するQISがついに世界最高峰と言われるプレミアリーグに手を伸ばすとのこと。アル=ケライフィ会長が先週ロンドンでトッテナムのダニエル・レヴィ会長と会談を行っていたという。

その他、マンチェスター・ユナイテッドのオーナーであるグレイザー・ファミリーは、新たなオーナーを探しており、クラブを売却することも検討するとしており、リバプールのオーナーも新たな株主を検討するとコメントしている。

現時点で株式を購入するクラブは決まっていないようだが、イングランドに進出したいという意志は持っているとのこと。PSGを保有しているため、完全に買収するとなればPSGを手放さなければいけないルールとなっており、少数の株式の購入になるものとされている。

2023年最初の国内タイトルを懸けたカップ戦『スーペルコパ』
準決勝の2試合「Rマドリードvsバレンシア」「ベティスvsバルセロナ」を生放送&ライブ配信!
詳しくはこちら