元日本代表FWの大久保嘉人氏が恥ずかしエピソードを披露している。

191得点というJ1最多ゴール記録を保持し、日本代表としても活躍した大久保氏。2021シーズンでの現役引退後は多くのテレビにも出演し、カタール・ワールドカップ(W杯)では解説も務めていた。

メディアでの活躍も光る大久保氏は5日に自身のインスタグラムを更新。携帯電話にまつわる恥ずかしエピソードを明かしている。

「もうね、この見つけ方は恥ずかしかった。最近物忘れがすごいて」

紙資料を確認中の大久保氏だが、携帯電話が手元にないことに気づいた様子。「さっきまで携帯見てたのに資料を貰って携帯が消えた。探しまくったけどない。なんで?なんで?焦りながら資料の上から触ると携帯が!!」と、どうやら資料中に挟まっていたようだ。

微笑ましいうっかり話には、ファンからも身に覚えがあるとの声が届いたほか。「そんなとこも可愛いです」、「あるある話し」、「誰かに笑って欲しいけど、誰もいなかった時がいちばん恥ずかしい」、「焦って探してるとこ想像したら可愛すぎです」などの好意的なコメントが寄せられることとなった。