名古屋グランパスは13日、ベガルタ仙台のGK杉本大地(29)が完全移籍で加入することを発表した。

京都サンガF.C.の下部組織出身である杉本は、2012年にトップチームへ昇格すると、2年後の明治安田生命J2リーグ第14節水戸ホーリーホック戦でJリーグデビュー。その後、徳島ヴォルティス、横浜F・マリノス、ジュビロ磐田を経て、昨シーズンから仙台に加入した。

仙台では加入初年度から出場機会を掴み、J2リーグで15試合、天皇杯で2試合に出場。しかし、今シーズンは新加入のGK林彰洋が守護神として起用され、ここまで出場機会はなかった。

1年で仙台を離れる決断を下した杉本は、両クラブを通じてコメントしている。

◆名古屋グランパス
「初めまして。ベガルタ仙台から加入しましたゴールキーパーの杉本大地です。オリジナル10の伝統ある名古屋グランパスの選手としてプレーできることを非常に楽しみにしています。シーズン途中での加入になりますが、今シーズン全てのタイトルを獲るために、1日でも早くチームの力になれるよう精一杯がんばります。よろしくお願いします」

◆ベガルタ仙台
「このたび、名古屋グランパスへ完全移籍することとなりました。2023シーズンが始まり、チームがひとつの目標へ向け動きだした矢先にこのような報告をすることを申し訳なく思っています」

「このタイミングでオファーをいただくことはプロ生活ではじめての経験で、志半ばでチームを去るのはクラブに関わるすべての人たちを裏切ることになることになるのではないかと思い、深く悩みました。仙台の地で選手としてひとりの人間としてもさらに成長したいという気持ちもありましたが、1度きりの短い選手生活の中で後悔を残すことだけはできませんでした」

「仙台を離れる選択が合っていたのか間違えていたのかはこれからの自分にかかっていると思います。だからこそ自分で決断したこの選択が間違いではなかったことを証明するために、名古屋グランパスで輝けるようにさらに成長します」

「仙台で過ごした時間は1年と短いものでしたが、最高に熱いファン、サポーターのみなさまが見守るユアスタでプレーできたことは僕の一生の財産であり、誇りです。チームは変わりますが、今シーズンのJ2優勝、J1昇格を応援しています。本当に幸せな1年でした。ありがとうございました」