15日に日本代表メンバーが発表された中、本田圭佑が反応している。

3大会連続でワールドカップ(W杯)に出場し、3大会連続でゴールを記録している本田。カタールW杯では、「ABEMA」の解説が大きな話題を呼んでいた。

自身も経験したベスト16に終わった日本代表だが、その戦いぶりを解説する姿には多くのファンが反応。その後、自身が指揮を執っていたカンボジア代表から離れることも決定していた。

その本田は15日に発表された日本代表のメンバーを見てツイッターを更新。「あれ、マヤとかユウトが入ってない。。」と、長らく一緒に日本代表で戦ってきた仲間の不在に触れた。

吉田麻也(シャルケ)、長友佑都(FC東京)、酒井宏樹(浦和レッズ)ら、ベテランの域に入っている選手は呼ばれていない今回の日本代表。本田のコメントにも理解を寄せる声が集まっている。

ファンは「ケイスケホンダも入ってない」と本田の名前もないことに触れたほか、「マヤとユウト大好きな本田さんかわよ」、「次のワールドカップにも、マヤとユウトを」、「世代交代ですね」と寂しさを感じている人も多くいるようだ。