北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が何気なくスゴ技を披露している。

明治安田生命J1リーグでは最年長の43歳でプロ26年目のシーズンに臨んでいる小野。9月には44歳の誕生日を迎える。今シーズンは天皇杯で2試合に途中出場。リーグ戦ではまだ出場機会がない状況だ。

その中、札幌が31日にクラブの公式X(ツイッター)を更新。練習中の小野が繰り出したトラップを紹介している。

小野は、正面からのロングボールが地面に触れると同時に左足でトラップ。一度カメラの画角の外まで飛び出たボールにはバックスピンがかかり、再びカメラの画角の中へと戻ってきた。

何気なく披露された妙技には、札幌も「ボールが戻ってくる?!」とコメント。ファンからも「ゴルフのグリーンで見た事あります」、「すげぇ」、「白鯨」、「どうなってんの!?」と多くの反応が集まっている。

札幌の練習には、指導者S級ライセンス取得への研修で元日本代表MFの中村憲剛氏も帯同中。小野のボールコントロールも目の当たりにしたのだろうか。