アル・ワフダは7日、スパルタ・ロッテルダムのオランダ人FWビト・ファン・クローイ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年夏までの3年間となる。

ファン・クローイはVVVフェン路の下部組織育ちで、DF吉田麻也所(ロサンゼルス・ギャラクシー)やFW大津祐樹(ジュビロ磐田)、FWカレン・ロバート(房総ローヴァーズ木更津FC)所属時には下部組織に在籍。2014年7月にファーストチームに昇格した。

2018年7月にはズヴォレへと完全移籍。DF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)ともチームメイトとしてプレーすると、2020年8月にはフェンロに復帰。2021年7月にスパルタへと完全移籍する。

スパルタではU-22日本代表MF斉藤光毅とチームメイトとしてプレー。右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレーし、公式戦78試合で21ゴール17アシストを記録。斉藤とは両翼でコンビを組んでいた。

また、オランダ代表は世代別を経験。エールディビジでは通算178試合34ゴール35アシストを記録したファン・クローイは、初の海外移籍となる。