【明治安田生命J1リーグ第27節】
2023年9月16日(土)
18:00キックオフ
鹿島アントラーズ(6位/43pt) vs セレッソ大阪(4位/45pt)
[県立カシマサッカースタジアム]

◆残されたタイトルは1つ、勝ち続けるのみ【鹿島アントラーズ】

中断前の湘南ベルマーレ戦は2-2のドローに。3連勝を目指した中で、惜しい勝ち点1に終わった。

そして中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは、リーグ戦上位の名古屋グランパスとの対戦に。アウェイゲームで引き分けたものの、ホームで敗れて敗退。天皇杯に続き、タイトルを逃した。

J1もギリギリのラインに立っており、今季も無冠に終わる可能性が高い状況。またしても、威厳を取り戻せない中、それでもチームは1つずつ勝っていくしかないことに変わりない。わずかな望みを繋いでいけるかどうかが、今のチームには必要だ。

そのルヴァンカップでは6年半ぶりに復帰した柴崎岳が初出場。残りの試合でどうやってチームに力を与えるのかは気になるところ。チームに欠けているゲームコントロールの部分と、攻撃陣を生かすフィニッシュまでのプレーは非常に期待されるところだ。

今節はJリーグの舞台に立つ可能性も高いだろう。柴崎がどういったプレーを見せるのか。脆さも見え始めているチームに変化をもたらせ、上位との連戦で勝ち点3を積み上げたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:早川友基
DF:広瀬陸斗、植田直通、関川郁万、安西幸輝
MF:樋口雄太、ディエゴ・ピトゥカ、佐野海舟、松村優太
FW:垣田裕暉、鈴木優磨
監督:岩政大樹
出場停止:仲間隼斗

◆目指せ4連勝、上位の背中は見えた【セレッソ大阪】

中断前のホームでの川崎フロンターレ戦は3-0と快勝。リーグ戦3連勝で中断期間を迎えることとなった。

シーズン2度目の3連勝、後半戦では浦和レッズ、名古屋グランパスと上位相手にしっかり勝利し、今節の鹿島、次節のヴィッセル神戸、そして第32節(11/12)の横浜F・マリノス戦と、上位との対決を多く残している。

トップ3も見えてきたなか、この調子を維持すれば逆転優勝もゼロではない。上位との直接対決での結果が重要となるが、それでもチームは一歩ずつ歩みを進めていくことになるだろう。

ここ最近は相手に押し込まれながらもしっかりと耐えて守り切り、その後に反撃に出ていた。コンパクトな守備で相手を封じ、押し込まれても最後まで体を張る。そこからどう攻撃の時間を作るのか、試合をコントロールし、読み切る力も求められる。鹿島との対決は、我慢比べになりそうだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:ヤン・ハンビン
DF:毎熊晟矢、進藤亮佑、鳥海晃司、舩木翔
MF:ジョルディ・クルークス、喜田陽、香川真司、カピシャーバ
FW:レオ・セアラ、上門知樹
監督:小菊昭雄