サンフレッチェ広島は19日、法政大学からMF細谷航平(21)の2024シーズン加入内定を発表した。

細谷は広島ユース出身とあって、古巣復帰に。身長182cm、体重72kgの左利きボランチで、代表歴として、第37回デンソーカップチャレンジサッカー茨城大会の関東選抜Aや、U-22日本代表候補に呼ばれた過去も持つ。

左足から繰り出す正確なフィードやパスでゲームを組み立てていくプレーが特徴だという細谷は広島の公式サイトを通じて、喜びの思いとともに、意気込みを語っている。

「2024シーズンよりサンフレッチェ広島に加入することになりました、法政大学の細谷航平です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手という夢を、高校時代にお世話になった憧れのこのクラブで叶えることができることを大変嬉しく思います」

「広島で活躍するアカデミー卒業の先輩たちのように、このクラブに貢献して恩返しできるように頑張ります。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに日々取り組んでいきます」

「サンフレッチェ広島に関わる全ての皆様、よろしくお願いします!」