マルセイユのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督(57)が電撃辞任となる見込みだ。フランス『レキップ』が報じている。

昨シーズンのリーグ・アンをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位で終えたマルセイユだが、シーズン中から首脳陣との確執が伝えられたイゴール・トゥドール監督の退任が決定。

その後、複数の新指揮官候補がリストアップされた中でパブロ・ロンゴリア会長は、過去にテクニカルディレクター、監督として一緒に仕事をした経験があるマルセリーノ氏との交渉を進め、2年契約での招へいに至った。

しかし、今夏の移籍市場でFWピエール=エメリク・オーバメヤンやFWイスマイラ・サール、MFジェフレイ・コンドグビア、DFレナン・ロディといった実力者を補強したチームは、チャンピオンズリーグ(CL)予選でパナシナイコスに連敗し、痛恨のCL本戦行きを逃した。

さらに、リーグ・アンでも格下相手の取りこぼしが目立ち、ここまで2勝3分けと微妙なスタートに。また、サポーターからは結果と共にプレースタイルへの不満の声が多く上がっていた。

これを受け、クラブの首脳陣は18日にサポーターグループと非常に緊迫した話し合いを行い、その場ではロンゴリア会長とマルセリーノ監督に批判が集まっていたとのことだ。

そういった事情もあり、スペイン人指揮官は19日にクラブハウスで選手やスタッフに対して辞任の意向をすでに伝えたという。

そして、21日に控えるヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ初戦のアヤックス戦は、同監督に代わってロンゴリア会長のアドバイザーを務めている、クラブレジェンドで元フランス代表のジャン=ピエール・パパン氏が暫定指揮官としてベンチに座る可能性が高いという。

マルセリーノ氏はこれまでセビージャやビジャレアル、バレンシア、アスレティック・ビルバオと母国スペインの名門の指揮官を歴任。

バレンシア時代にコパ・デル・レイ、アスレティックではスーペル・コパ・デ・エスパーニャのタイトルを獲得。アスレティック退任後はスペイン、イングランドと国内外のクラブの関心を集めていたが、マルセイユを国外クラブ初挑戦の場に選択していた。

久保所属のソシエダvsインテル、三笘所属のブライトンvsAEKアテネなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら