モデルやレースクイーンとして活動する八伏紗世さんがJ1の首位攻防戦を現地観戦。貴重なスリーショットが注目を集めた。

29日、日産スタジアムでは明治安田生命J1リーグ第29節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が行われ、勝ち点「55」で首位に立つ神戸が1ポイント差で迫る横浜FMを2-0で下した。

八伏さんは自身のX(旧:ツイッター)やインスタグラムにて、同試合の現地観戦写真を公開。交流の深いシンガーソングライターの當山みれいさん、声優の田村響華さんと、神戸の応援グッズを身に付けての一枚を投稿した。

インスタグラムでは「最後まで激アツの試合でした!」と始めた八伏さん。大迫勇也や武藤嘉紀のゴールを喜び、負傷交代の初瀬亮を気にかけ、扇原貴宏と山口蛍のコンビにも賛辞を送るなどし、「両選手とも全力で戦う姿、とてもかっこよかったです!勝利の歌も一緒に歌えて嬉しかった。現地での勝利、最高でした!」と締めくくった。

"やぶさや"の愛称で親しまれている八伏さんは大阪府出身で、神戸のガールズ応援ユニット「ヴィッセルセレイア」としての活動歴を持つ。試合会場でのPRはもちろん、サンテレビやラジオ番組にて神戸の関連番組に出演していた。

上京後にもスタジアムに足を運びながら、現在はSUPER GTシリーズに参戦するパシフィックレーシングチームのレースクイーン「Pacific Fairies」などで活躍中。"10等身レースクイーン"としても話題となり、7月には2023日本レースクイーン大賞新人賞を受賞。神戸の公式X(旧:ツイッター)からも祝辞が寄せられていた。

日産での一枚も大きな反響を呼び、「可愛い!背番号8238」、「ユニフォーム姿似合う」、「流石、勝利の女神たち」、「めっちゃ可愛い」、「素敵です!素敵すぎます!」などの声が寄せられることとなった。

「勝利の女神やん!あと5試合全部現地観戦して!って言いたくなる」、「やっぱり現地行ってると思ってたわ!」といった声も聞こえるなど、神戸を応援する姿が周知されている八伏さん。28日が誕生日ということもあり、素晴らしいプレゼントになったのではないだろうか。