ウェストハムに所属するなでしこジャパンのFW植木理子が、10月のプレーヤー・オブ・ザ・マンス(POTM)に選出された。

日テレ・東京ヴェルディベレーザから今季ウェストハムに加入した植木。自身にとって初の海外挑戦を果たした。

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)の開幕節マンチェスター・シティ戦でいきなりの先発出場を果たすと、翌節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦では得意のヘディングで加入後初ゴールもマーク。リーグ戦では10月の全4試合に先発出場し、第4節リバプール戦での劇的同点ゴールと併せて2得点を挙げた。WSLカップの1試合にも途中出場していた。

ノミネートには植木のほか、オーストラリア女子代表GKマッケンジー・アーノルド、スコットランド女子代表DFクリスティ・スミス、同代表FWリサ・エバンスの名前が挙がっていた。



久保所属のソシエダvsベンフィカ、アヤックスvs三笘所属のブライトンなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら