マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが圧巻のゴールを決めた。

7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節でヤング・ボーイズをホームに迎えたシティ。相手に1本のシュートも許さない試合展開で3-0の完勝を収め、グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

4日に行われたプレミアリーグ第11節のボーンマス戦で足首をねん挫しハーフタイムで途中交代していたハーランドは先発出場。前日会見でジョゼップ・グアルディオラ監督が軽傷だったことを明かしていた中、試合の最初から起用された。

すると、23分にはPKで先制ゴールをマーク。さらにシティが1点を追加して迎えた後半の51分にハーランドが鮮烈なゴールを決める。

リコ・ルイスからボックス外でボールを受け取ったハーランドは、ペナルティアーク左に運びながら左足を一閃。上手く体を回転させて放ったシュートはゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。

『WOWOW』の公式X(旧ツイッター)で「怪物級の一撃が炸裂」として伝えられたこの一撃には、SNS上のファンも「えぐい」、「理不尽感やばい」、「ハーランドがミドル決めるようになったら無敵」、「ケガしてたんじゃないの?」と驚いていた。

ケガの影響を全く感じさせない活躍を見せたハーランド。12日のチェルシー戦でもゴールとなるか。




久保所属のソシエダvsベンフィカ、アヤックスvs三笘所属のブライトンなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら