日本サッカー協会(JFA)は8日、11月からスタートする北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けた日本代表メンバー26名を発表した。

カタールW杯後に森保一監督が続投し、第二次政権がスタート。3月のキリンチャレンジカップ2023の2試合では勝利を収められなかったが、6月に新体制で初勝利。すると9月のヨーロッパ遠征ではドイツ代表、トルコ代表相手に連勝。10月の国内での2試合も連勝し、現在6連勝中と波に乗っている。

2026年の北中米W杯アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選では、ミャンマー代表、シリア代表、北朝鮮代表と対戦する中、11月にはミャンマー(16日)、シリア(21日)と対戦する。

また、アジアの出場枠が増えており、今回の予選は今までとは大きく異なるものとなる。

しかし、日本代表選手にはケガ人が増えており、DF板倉滉(ボルシアMG)、MF旗手怜央(セルティック)、FW中村敬斗(スタッド・ランス)が戦線離脱中。今回は招集を受けなかった。

また、10月は招集外となったMF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、MF堂安律(フライブルク)、MF鎌田大地(ラツィオ)は復帰。さらに、MF相馬勇紀(カーザ・ピア)も招集を受けている。

今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。

◆日本代表メンバー26名

GK
前川黛也(ヴィッセル神戸)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
鈴木彩艶(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)
中山雄太(ハダースフィールド・タウン/イングランド)
町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)
毎熊晟矢(セレッソ大阪)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)
伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)
菅原由勢(AZ/オランダ)

MF/FW
遠藤航(リバプール/イングランド)
伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(モナコ/フランス)
古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)
川辺駿(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
鎌田大地(ラツィオ/イタリア)
相馬勇紀(カーザ・ピア/ポルトガル)
三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安律(フライブルク/ドイツ)
伊藤敦樹(浦和レッズ)
上田綺世(フェイエノールト/オランダ)
田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)